トップ / 経営に近づく為のお話

経営に近づく為のお話

経営の学習は有効

経営入門としての企業経営のコツ

経営入門すると、監査法人や経営者団体が主催する企業経営の研修に招かれたり、自分から参加する機会も多いでしょう。入門者としては当然のことですが、少し注意が必要になります。今日の研修では、指標によるマネジメントがテーマになり、財務諸表を良くする方法とか、指標数値を改善するノウハウなどが教え込まれますが、その数値を動かすだけでは、本当の事業推進にならないということです。早い話が、売上を多くし、原価を抑え、マージン率を高くし、資金回転を良くするなどすれば、財務諸表も各種指標も良くなります。しかし、どうやってその数値を実現するかということこそが本題であるということなのです。具体的なアクションを起し、それを成果に結びつけることを強く認識することこそ、コツなのです。それができれは、数値はついてきます。

企業経営の入門書を選ぶコツ

経営を勉強する人にとっては、企業経営の入門書は人用不可欠な書籍です。しかし、選び方を間違えると余分な知識ばかりが身について基礎的な事柄を学び損ねることが有るので注意が必要です。最適な入門書とは、経営者の心得と、情報を取捨選択して方向性を決定する方法がしっかりと記載されているかどうかを見ることが良い書籍を選ぶコツです。企業経営を学ぶ方法は他にもいろいろありますが、まずはよい書籍を入手して繰り返し熟読し、その内容をしっかりと理解することが始まりです。その後、セミナーを受講したりビジネススクールに通うことで、そこで学ぶ内容がより深く理解できます。

経営の最新の情報

↑PAGE TOP